+1 ライフ

難病ギランバレー症候群との闘病生活を送りながら、様々な情報発信を行っているブログです

後遺症

 

今日は曇り空。今週は雨が続くみたいですね(´・ω・`)

 

 

本日もリハビリを1つ終えてきました。

 

最近、手のリハビリでは新たに超音波をとりいれています。筋肉が固まってしまった箇所にジェルを塗り、超音波が流れる機械をつけます。

コリをほぐしてくれるそうですが、つけていると温かくてとても気持ちがいいです(*´-`*)

続けて行うことが大切ということで、今後少しずつほぐれていくことを願います!

 

 

筋肉にアプローチするリハビリはこのような形で日々行っていますが、1つ大きな不安があります。

 

それは「後遺症」です。

 

 

ギランバレーはほぼ後遺症なく回復できると言われていますが、私の場合は重度(いわゆるステージ4)なので、もしかしたら後遺症が残るかしれないと先生に言われています。

 

 

筋肉や運動機能に関しては、リハビリをしていけば良いのですが、問題は感覚障害

 

手先と足先のしびれが入院当初から今に至るまで、殆ど回復していません。

特に不安なのが手先です。常に痺れてピリピリしているので、物を触った時にそれがつるつるなのか、ザラザラなのか、さらさらなのかが分からないのです。

例えると、分厚い手袋を常にはめているような感じです。

 

自分の顔を触っても、乾燥しているのかつるつるなのか全くわかりません。

これはかなり不便(´・ω・`)

 

また物もつかみにくいです。

 

 

感覚麻痺に関しては、神経の問題なのでリハビリをして良くなる訳ではありません

 

その為、時間をかけて治っていくことを待つしかないのです。

 

 

 

1つ助かっていることは、温度がわかること。

触れたものが温かいのか冷たいのかは、はっきり分かります。むしろ過敏になっていますが…(;▽;)

 

けれど、これが分かるだけで火傷もしないですし、裸足で立ってみた時にも地面を踏みしていることが感じられます。

 

 

身体が言うことを聞いてくれないのは本当にもどかしいこと。

しかし、自分の身体は変えられません。 

死ぬまで付き合っていくしかないのです。

 

後遺症が残らないように、リハビリすることは勿論、日々願うことも忘れません(。・ω・。)

 

f:id:murayuka:20170814153235j:image