+1 ライフ

難病ギランバレー症候群との闘病生活を送りながら、様々な情報発信を行っているブログです

ちょっとほっこりする話

 

 

おはようございます!

昨日嬉しい出来事があったので、ここに記載させて頂きます。

 

前の記事にも書きましたが、昨日は外出が2回。

その2回目の外出で、ミスドに立ち寄った時のことです。

 

 

店内はそれほど広くなくほぼ満席。

ドーナツを購入したものの、どこに座ろうかと迷っていました。

 

ただでさえ車椅子、身動きが取りづらい。

空いている席もあったのですが、1段高くなった場所にあり、車椅子で行くことが出来ません。

 

仕方がないのでカウンター席に座ろうとした時に、一人の女性が

「ここの席使ってください」

と声をかけてくださいました。

そこはちょうと2人がけのテーブル席で、車椅子が入れるスペースがありました。

 

見ると、その方も座ったばかりだったようで、机の上にはまだ手をつけていないドーナツとドリンクが。

 

それでもその方は

「どうぞ!どうぞ!」と、段差を超えたところにあるテーブル席へ移って下さいました。

 

 

 

ちょっとした出来事ではありますが、私はとても感動してしまいました。

 

 

 

車椅子で外に出ると、どうしても周りの視線を強く感じてしまいます。

若い女性が車椅子に乗っていることが、そんなに珍しいのかなと感じてしまいます。

 

またこちらが注意してしても、自転車が猛スピードで横を駆け抜けていくこともあります。

今の私の力では、もし転んでしまったら立ち上がることが出来ません。

 

でもこれが世の中です。

 

 

そういったことを経験してから、席をゆずってくださる方に出会うと、余計に嬉しく感じてしまいました。

 

f:id:murayuka:20170920101031j:image

 

車椅子の方、ご老人の方、妊婦の方、困っている方…

今までの私はそういう方々を見つけても、見て見ぬふりをすることの方が多かったと思います。

他人事だし、声をかける勇気がないし、目立って恥ずかしいし…。

 

でもいざ助けてもらう経験をすると、今までの自分が情けないなと感じました。

これからは私も周りへの気配り、気づきを大切にしようと強く思いました。

 

 

 

もしも駅や道端などで、困っている人がいたら声をかけてみてください。

少し勇気を出して声をかければ、相手は心から喜んでくれるはず。

そしてその行動はいつか自分にもちゃんと返ってきます。

 

一人ひとりの行動の変化で、「ありがとう」が広がる世の中に変わっていくといいです(*^^*)