+1 ライフ

難病ギランバレー症候群との闘病生活を送りながら、様々な情報発信を行っているブログです

感謝の気持ちをかたちにする

 

f:id:murayuka:20171029175741j:image

 

明日が病院で過ごす最後の1日となりました。

あっという間です。

 

 

ここまでの道のりは本当に長かったけれど、私一人では決して歩むことが出来ませんでした。

 

家族、友達、会社の仲間、ブログやSNSで知り合った方々、看護師さん、リハビリの先生…

 

沢山の方の支えと励ましの言葉で、

辛い時期を乗り越え、

リハビリを頑張ることが出来、

何より毎日笑顔でいられました。(*^^*)

 

人のパワーって凄いです。

身をもって感じています。

 

 

そして、こうした支えて下った方々に感謝の気持ちを伝えたい、そんな思いが強くあります。

 

 

ということでまずは今日、お世話になったリハビリの先生方へお礼を伝えることに。

 

 

感謝を表す方法って色々ありますよね。

言葉で伝えるでもいいし、プレゼントをするでもいい。

今私に出来ることで、どうしたらこの気持ちを伝えられるか。

ひたすら考えた結果、手作り品を渡すことにしました。今流行りのDIYってやつですかね。

 

 

特にお世話になった担当の先生方に「感謝状」を作成。

以前少しだけブログに載せましたが、完成系はこのような形になりました↓

 

f:id:murayuka:20171029185943j:image

 

f:id:murayuka:20171029185947j:image

 

プライベートな内容なので少々加工しております。B4サイズなので少し大きめ。

 

両端のお花は切り絵で出来ているのですが、これは実はリハビリの時間に教わったものなんです!難しそうに見えて意外と簡単ですよ。

 

今度改めて装飾品の作り方、という形で記事にまとめられたらいいなと思っています。

 

 

 

そしてその他にお世話になった先生方へは、お菓子を!

ただお菓子というのも寂しいので、

f:id:murayuka:20171029191040j:image

1つひとつメッセージを書きました。

全部で60個(笑)相当な量になりました。

 

f:id:murayuka:20171029191134j:image

お菓子の正体はカントリーマアム!

美味しいですよね。付箋のサイズにぴったりだったのでこちらにしました。

 

 

本当は1つひとつメッセージを変えたかったのですが、まだ手の痺れと感覚麻痺が治らないので、これだけでも一苦労…。

 

20個仕上げるのに約1時間ペースでした。

 

最初の感謝状と合わせると、物凄い時間を要しましたが、この時間と手間には換算出来ないほど先生方にはお世話になっているので、作業は全く苦ではありませんでした。

 

 

そしてこれらを今日、無事に渡すことが出来ました。(*^^*)

 

渡した後はみなさん喜んでくれましたし、写真を一緒に撮りながら、今までを振り返ったり感謝の気持ちを伝えたりしました。

 

 

全く起き上がれず、身動きも取れず、まさに寝たきり状態立ったところから、日常生活が送れるほどまで回復することが出来た。

 

こうまとめると奇跡のような話ですが、リハビリの先生方の手厚いサポートがあったからこそ実現できたことですね。

 

本当に本当に私は恵まれています。

 

病気になって恵まれてるなんて変な話なんですが、そう思ってしまうんです。

 

感謝したくなるほど、素敵な方々に出会うことが出来たのですから。

 

 

 

 

退院日が近づくにつれて、嬉しいような寂しいような複雑な気持ちですが、たくさんの人にありがとうを伝えて、悔いなく退院日を迎えたいと思います!